備忘録、的なもの

本との日常 購入日記その他

6/4 城南古書展と杉並書友会その他

①ベレー横町 伊吹武彦 
藤枝静男と私 小川国夫 
③月下の渦潮 島尾敏雄 沖積社
④鴨川風雅集 生田耕作
⑤哲学塾 魂への態度 神崎繁 岩波書店
⑥哲学塾 生活を哲学する 長谷川宏 岩波書店
⑦哲学塾 世界を語るということ 清水哲郎 岩波書店
⑧仮面と素顔 瀬沼茂樹 冬樹社

⑨見つつ畏れよ 高橋英夫 新潮社

幼年時代 堀辰雄 青磁
忍ぶ川 三浦哲郎 青蛾書房

金子國義エロスの劇場 
⑬火の島 阿部知二 中公文庫
筑摩書房の三十年
⑮花の素顔 舟橋聖一 朝日新聞社
安部公房対談集 発想の周辺 新潮社

⑰春の戴冠 辻邦生 新潮社

⑱小説の変貌 アルベレーヌ 紀伊国屋書店
現代文学 イェンス 紀伊国屋書店

⑳私生活 高橋源一郎 集英社インターナショナル
㉑三題噺 加藤周一 筑摩書房
㉒遊子随想 小川国夫 岩波書店

 

ここ最近、ヤフオクにて堀辰雄の初版本を落としている中で、来週末に東京古書会館で行われる書窓展のけやき書店の目録で「不器用な天使」が破格の値段で出ているのを見てしまったため、注文がてら神保町に行ってみようと思ったのであった。
①-⑧城南古書展にて。岩波書店から出ていた「哲学塾」シリーズが揃いで出ていたため、持っていないものを購入した。読みやすくていいですよこれ。
靖国通り駿河台下交差点から専大前交差点までたどっていく。今回は電車での旅なので時間制限がないのがうれしい。田村店頭は特になく、けやき書店は初回はスルー。梓書房は入るのにハードルが高いので今回はスルー(というか神保町古書センターの店はどこも入るハードルが高い。医学書専門のいざわ書房があったときは入れたのであるがなあ・・・。今はなくなってしまった)。⑨を@ワンダーの店頭でみつけ購入。
⑩⑪けやき書店にて。中村真一郎の棚の中身は変わらず(というか、本が積み上がりすぎて下二段見えず・・・)、石川淳の本はどこにあるかわからず、レジ前の福永武彦の棚で「告別」の初版は気になったが手は出せず、堀辰雄の棚から比較的安価であった⑩を購入。レジ前に⑪も並んでいたためつい購入。店主に目録の件を言うと、ちょうど置いてあったので現物を見せてもらえた。そんなに悪くはない。注文することにした。しかし競合者がいるため抽選だという。当たるといいけれど。「美しい村」の方は箱が壊れていたため注文せず。思ったより目録での注文は難しくはなかったし、受ける側も気軽な対応であったので、今後もよいものがあったら注文してもよいかもしれぬ。
⑫-⑯西部古書会館の杉並書友会にて。特に感想はない。
⑰一度荷物を置いてからまた出かけることに。古書ワルツの店頭で購入。しかし今回はあまり気になるものはみとめず。しかも店奥が狭くなっていた。
⑱⑲バサラブックスの店頭から。紀伊国屋書店から出ていた現代文芸評論叢書の中のもの。あとがきを見てみると中村真一郎の文字が。顔が広いんだな。この日は珍しく店内すし詰めであった。
⑳-㉒古書防破堤にて。㉑は帯はないが初版で均一台に。そんなもんなんですなあ。

2022.6.1 やっときた所沢古本まつり、その他

①罪多い女 高見順 角川小説新書
②五代の民 里見弴 読売新聞社
③その日まで 椎名麟三 筑摩書房
④戦後の文学 寺田透 河出書房新社
⑤すみっこ 尾崎一雄 講談社
尾崎一雄対話集 永田書房
⑦瘋癲老人日記 谷崎潤一郎 中央公論社
⑧罰せられざる悪徳・読書 
⑨冬の二人 立原正秋/小川国夫 創林社
⑩サハラの港 小川国夫 小沢書店
⑪花深き 小川国夫 湯川書房
⑫光と翳りの季節 利沢行雄 小沢書店
⑬死の影の下に 中村真一郎 真善美社
⑭死の遍歴 中村真一郎 文藝春秋
ピンチランナー調書 大江健三郎 新潮社
⑯浮く女沈む男 島田雅彦 朝日新聞社
⑰亡命者 高橋たか子 講談社

⑱新潮日本文学アルバム 内田百閒

⑲あめいろぐ医学教育 丸善
⑳装幀の余白から 菊地信義 白水社
㉑樹の花にて 菊地信義 白水uブックス
㉒恩地幸四郎 池内紀 幻戯書房
㉓〈美しい本〉の文化誌 臼田捷治

 

所沢初日。twitterを見ると、例に見ないほどの行列がという投稿を見かけ、あーあと思いながら仕事をこなしていたが、午後キャンセルが出たためにやることがなくなってしまい、半休を貰えてしまったのであった。ということで、それなら行くよねという。いつも着くのが19時を回るくらいでろくにみれないことが多かったが、今回は16時前につくことができた。所沢は駐車場料金が安いのでよい(いつも使っている平面駐車場だと60分200円也)。

その後、例のごとく、463号沿いのとろもつ大正屋で夕飯を食べ、ブックオフ東所沢店で⑱を。⑲を目当てに新刊本屋へ行き、ついでに色々と買ってしまう。

2022.5.30 新刊本屋+ブックオフにて

①草の竪琴 カポーティ 新潮社
②夜の樹 カポーティ 新潮社
ティファニーで朝食を カポーティ 新潮社
④短編で読むシチリア みすず書房
地下鉄のザジ クノー 水声社
⑥平和か戦争か サン=テグジュペリ みすず書房
苦役列車 西村賢太 新潮社

 

この日は非番であったため休みであった。午前中は呑気に小川国夫の「海からの光」を読む。何か自伝的なような感じにも読めそうであるが、果たして。
と、そうしているうちに、せっかくだし買い物に出ようと車に乗って出かけると、まあ当然本屋にも行くわけでということでの購入物。
①-③先日買った「遠い声 遠い部屋」すらまだ手をつけていないのに買うというね。どうせ読むだろうからまあいいんだけれど。
④-⑦ブックオフにて。
みすず書房大人の本棚シリーズは本当におススメです。
生田耕作訳があるのでこれまで買わずにいたが、あとがきを見てみると「だから『ザジ』を訳すのは、クノーの文章と格闘することであるのと同時に、この翻訳をいかに乗り越えるかという課題を自らに課すことでもあった」とあり、どのように対戦しているのかが楽しみになってしまったのでつい買ってしまった。
⑦この方が芥川賞を貰った当時の発言か何かで「(賞金は)風俗に使う予定です」というのを聞いて以来、勝手に嫌悪してきた。すぐに消えるかと思いきや、中々しぶとく生き残っていて、つい先ごろ急逝されてしまった。twitterで追悼されている方の文を読み、ふうん何か好きな人もいるものなんだなあ、確かに食わず嫌いだったかと思い、本を探そうとすると(やはりしょーもないことに)プレミア価格となっていてということでしばらくうっちゃっておいたのであった。それが、ブックオフの均一にちょうど芥川賞をとったときの本があったので購入。帰りの電車の中で読みだすと止まらなくなった。内容はおそらく自分の体験をベースに書いていたのであろうし、文字通り"身を切っていた"作品であった。書いている内容としては、陰鬱な人間の陰鬱な生活、そしてその後も浮かばれないだろうということだけなのであるが、なぜ面白かったのであろうか。おそらく、自分の生活環境との違い、知らないことに対する興味、そして、その世界に身を置いていないということからではないかと思った。純粋な面白がり方ではないよなとふと思った。

2022.5.29 中央線古書展にて

①書物とともに 寿岳文章 冨山房百科文庫
②蛙のうた 臼井吉見 筑摩書房
③ことばと文体 寺田透 河出書房新社
④日本の詩歌 大岡信 講談社
⑤死の棘 島尾敏雄 新潮社
⑥ホーロー質 加藤典洋 河出書房新社
⑦ロンドその他の三面記事 ル・クレジオ 白水社
⑧愛する大地 ル・クレジオ 新潮社
⑨木のぼり男爵 カルヴィーノ 白水社
⑩まっぷたつの子爵 カルヴィーノ 晶文社
⑪不在の騎士 カルヴィーノ 国書刊行会
⑫レ・コスミスケ カルヴィーノ 早川書房
⑬宿命の交わる城 カルヴィーノ 講談社
⑭冬の夜ひとりの旅人が カルヴィーノ 松籟社
⑮柔らかい月 カルヴィーノ 河出書房新社
⑯見えない都市 カルヴィーノ 河出書房新社

 

前日、東京古書会館と南部古書会館でタイムアップとなってしまい、翌日にホームグラウンドである西部古書会館へ行ってみたのであった。こちらは日曜日もやっているので都合がよい。そして前二者とは違うごた混ぜ感がよいですね。
①-⑤会場前の均一台から。今回は珍しく色々と。
⑥珍しく帯つき。前に買ったものは処分しようかな。でも結構この本自体は珍しい。
⑦-⑯古書ワタナベさんのブースから。この書店は海外の単行本をよく出していて、たまに珍しいものも見かける。今回はル・クレジオカルヴィーノで持っていないものを、と思って手を出したら結構な冊数になってしまいましたとさ。まあいいか。

 

今回3つの会場を同時に周ってみて思ったのが、三者三様で面白いなと。しかしどの会場がよいかは、結局どこの書店が出店しているかによるので、それを比較できる表みたいなのがあればいいなと思いました。しかし、今のところそういうのはなさそうですね。作る?

2022.5.28その2 五反田遊古会にて

①小川国夫光と闇 おりじん書房
②跳躍台 小川国夫 文藝春秋
天草灘 小川国夫 潮出版社
一房の葡萄 小川国夫 冬樹社
⑤混沌から創造へ 武田泰淳 中央公論社
⑥雉子の羽 庄野潤三 文藝春秋
紺野機業場 庄野潤三 講談社
⑧風の旅 三浦哲郎 文藝春秋
⑨笹舟日記 三浦哲郎 毎日新聞社
夢の浮橋 倉橋由美子 中央公論社
⑪現代作家論 中村光夫 新潮社

⑫妖術記 河野多恵子 角川書店
⑬ボオドレエルの世界 福永武彦 矢代書店
⑭角よ故国へ沈め 小川国夫 平凡社
⑮ノンフィクションの言語 篠田一士 集英社
⑯傳統と文學 篠田一士 筑摩叢書
⑰時が流れるお城が見える 秋山駿 仮面社
二葉亭四迷論 中村光夫 芝書房
⑲贋の偶像 中村光夫 筑摩書房
⑳憂しと見し世 中村光夫 筑摩書房
㉑批評と創作 中村光夫 新潮社
㉒小説のなかの人間たち 奥野健男 集英社


パーキングメーターに停められる時間は1時間ぽっきりなので、すぐに神保町を出ることになってしまった。五反田遊古会をやっている南部古書会館へ向かう。神保町から南へ向かい、国道1号を道なりに進んでいけば20分くらいで着ける。途中国道1号を通った際にラーメン二郎本店を初めて見た。夕方にも関わらず人がたくさん並んでいた。すげえな。五反田の駅前は歓楽街が広がっており、南部古書会館も駅から近い場所にあるため、近くにパーキングメーターくらいあるだろうと踏んでいたが、なかった。誤算だ。コインパーキングはあるものの、昼だと15分330円が限界。この時点で16時を回っていたし、1時間はいないだろうと仕方なく停めることに。
という中で見つけたのが上記。①-⑪が一階ガレージ。残りが二階。
①-④⑭小川国夫はやはり人気ない。①は裸本だが、サインが入っている。本多秋五や森川達也の文を読むと、出現当時いかに特異であったかがうかがわれるのであるが、しかし亡くなってしまうと忘却されるのは早い。悲しい。
⑬初版のようであるが、調べてみると見つけるのはそんなに難しくないようである。
⑮-㉒一路さんの棚から。評論家の本が大量に転がっていたため、篠田一士、秋山駿、奥野健男の持っていない本を購入。また、中村光夫の本も興味深いものを購入。この人も批評家としては珍しく全集が出ているが、べらぼうに高いのである。まずは単行本で我慢。
そういえば、女子大生と思しき二人組に番台のおじさん二人がかなり優しく対応しているのを見て、何だかなあと思った。いいよなあ可愛いげのある女子は。それに引き換えおっさんは愛想が悪いから店主も優しくする気にもなりませんわね。よーくわかります。変な嫉妬。しかし、こういう若い人が古本屋に通うようになってくれないと市場が萎んでしまう。もっと増えてくれるといいなぁ。

2022.5.28 和洋会にて

①鳩どもの家 中上健次 集英社
②十八歳、海へ 中上健次 集英社
③草の臥所 津島佑子 講談社
④挟み撃ち 後藤明生 河出書房新社
⑤路傍の人々 正宗白鳥 京屋出版社
⑥海からの光 小川国夫 南北社

 

今週末は期せずして東京古書会館、南部古書会館、西部古書会館の三つすべてに行くことができた。記事を三つに分けることとする。
私がいま住んでいるところから都心へ出るには、電車で行くにはあまりにも遠く、車を使って行くことになるのだが、田舎と比べると神保町周辺の駐車場代金はべらぼうに高い。日曜日であれば少し値下がりするところもあるのだが、東京古書会館での古書展は金曜土曜でやるためそうもいかない。いつもは水道橋駅の近くの3時間1800円のところで停め、歩いて東京古書会館まで行っているのであるが少し遠いのである。今回、そういえばパーキングメータを使えば1時間300円で済むから、それでやってみようと思いついたのであった。古書会館の目の前にもメーターはあるが、たいてい埋まってしまっていて、錦華通りにもあるためそこで停めることにした。しかし端に停めすぎたため、結局古書会館まで歩くのに10分くらいかかってしまった。パーキングメーターは時間超過で即駐車違反となるため時間きっちりで戻ってこなければならず、会場内を見れるのは正味40分ない程度。会場内で悠々と本を見ている人たちをみて、羨ましく思ってしまった。やはり時間に追われるのはよくない。
今回は和洋会。見つけたのが上記。

①②もともと小学館文庫で中上健次の本は集めていたが、宇佐見りんが中上健次ファンと聞いて、にわかファンとして単行本を集め始めることにしたのであった。サイン本はさすがに高いが初版本は比較的簡単に見つけられる。
④何やら巷では後藤明生のひそかなブームがきているらしい。まだ「挟み撃ち」を読んだことがないため今回買ってみた。
⑥署名入り。小川国夫の署名本は結構な部数出回っているようで、自分が所有するのも何冊目であろうか。しかもただ名前を署名するだけでなく、一言何か書いてくれていたりもしていることがある。そして達筆である。利他精神にあふれる人であったのだろうか。

2022.5.21 趣味の古書展と神保町、六本木蔦屋書店

①曠野 堀辰雄 甲鳥書林
②晩春日記 上林暁 
③製本工房から 栃折久美子 冬樹社
週刊本1 山口昌男 朝日出版社
大岡信著作集8 青土社
⑥幻のもうひとり 三浦雅士 冬樹社
⑦喚起する織物 饗庭孝男 小沢書店
アメリカ再び 江藤淳 
⑨昭和文学盛衰史 高見順 文藝春秋

⑩女学者・気で病む男 モリエール 新潮文庫

⑪白 原研哉 中央公論新社
⑫大量生産品のデザイン論 佐藤卓 PHP新書
⑬遠い声 遠い部屋 カポーティ 新潮文庫

 

まずは東京古書会館の趣味の古書展へ。扶桑書房が出ているとのことで、近代文学系で何か収穫があればと思って行ってみたのであった。金曜日は仕事でいつも行けないのであるが、初日の喧騒はいったいどのようなものなのか。一度は見てみたいものである。
①はカバー欠。しかし堀辰雄の初版本3冊目。今回のものには著書リストもくっついていたため、今後の収集に役に立ちそう。
②今回結構な冊数上林暁の初版本が出ていた(田山花袋もよく見た)が、2周回っている間に減ったものはなさそう。2日目でこれだから、やはり人気はないのだろうか。「聖ヨハネ病院にて」が収録されていたので購入。
③この方の装丁本に当たることは多く、気になったので購入。
⑦⑧⑨サイン入り。値段もそうでもない。⑧江藤淳の署名は素朴で真面目な感じをうかがわせる。⑨角川源義宛署名入り。しかし函欠なんだよなあ。捨てちゃうもんなのでしょうか。
その後、靖国通りをいつもの通りめぐっていき、澤口書店で⑩を購入。こんな感じで神保町に行くごとに1冊程度は見つかればよいのである。しかし、残りの4冊(「聖アンデルセン・落穂拾い」「田舎司祭の日記」「秋の断想」「野生の棕櫚」)は難易度が高そうである。
そしてさらに所用で六本木へ。しかし早めに着いてしまったので、蔦屋書店で時間つぶし。まあ、ふふふという在庫であるが、二階のデザイン系は土地柄もあってか多少面白味のある在庫である。その中で⑪⑫を購入。⑪の作者は蔦屋書店のデザインを監修した人らしいと後で見、やらせかと思った。