備忘録、的なもの

ただただ日常 買った本をメインに、その日思ったことを記していきます。

2021.4.13

①心エコーがうまくなりたければ心エコーレポートを書きなさい 中外医学社

クローン病の診療ガイド 第3版 文光堂

③医療福祉総合ガイドブック2021年版 医学書

 

Amazonで届いた。

①表紙がなんだかなということで本屋で買えなかったのでAmazonで。表紙のわりに中はあまりマンガ要素なし。比較的まとも。

②つい最近までクローンの人の腸閉塞が入院していた。大変だよなあ。

③ソーシャルワーキングで困った場合はこの本を引けばよい。たいていのことは載っている。

2021.4.11

①鴎外文学の機構 長谷川泉 明治書院

②人間・舟橋聖一 丹羽文雄 新潮社

③美しい歴史 室生犀星 冬至書房新社

④ことばの力 大岡信 花神

⑤雲の都 第1/2/3部 加賀乙彦 新潮社

⑥とにかく、吉行淳之介 愛蔵版 面白半分

⑦より道わき道散歩道 河合隼雄 創元社

⑧精神の共和国は可能か 武田泰淳 筑摩書房

⑨人生の色気 古井由吉 新潮社

⑩THE 内科専門医問題集1/2 医学書

⑪THE 総合内科ドリル 医学書

⑫やさしい自律神経生理学 中外医学社

⑬フレイル高齢者・認知機能患者の下部尿路機能障害に対する診療ガイドライン2021 ライフサイエンス出版

 

明日まで西部古書会館で大均一祭をやっている。というわけで、行ってきたのであった。例にもれず。

古書会館に行く前に昼飯でも食べようと思って、味噌ラーメンで検索してみると、じゃぐらという店がひっかかった豚骨ラーメンじゃぐら高円寺店 (jagura.org)。濃厚な味ですごくおいしかった。今度から高円寺に行くときはここにも行こうと思った。少し駅から遠いのがネックだが。

武田泰淳の対談集。三島由紀夫との対談ではちょうど「暁の寺」刊行当時であったようで、

今回見送ったものとして、新潮現代文学が大量に、あと、細雪の下巻の初版(上・中は再版)。前者は結構状態はよかったが、すでに9冊購入となりこれ以上持てなかったので、後者はそこまで価値があるかどうか見極めきれなかったため断念した。明日は50円になるので、行ける方はでかけられたら如何であろうか。次回は7月のようである。

その後、新宿の紀伊国屋に寄り、⑪-⑬を購入。

Talaromycosis

NEJMのImages in clinical medicineから。Talaromycosis | NEJM
HIV関連疾患のようですが、この見た目だけだとざ瘡と区別はつかない印象。その他の臨床所見や問診からの合わせ技ということでしょうか。うーん、難しい。北東アジア地域の風土病でもあるようです(今回の報告はタイから)。


タラロマイセス症(ペニシリウム症)は、二形性真菌の Talaromyces marneffei によって引き起こされる重篤な真菌症である。T. marneffei は 1956年にベトナムのタケネズミから最初に分離された。主に、東南アジア、中国南部、インド北東部の免疫不全患者や旅行者に影響を及ぼし、その地域における HIV 感染が進行した患者の主な死因である。感染は、おそらく T. marneffei の分生子を吸入することで引き起こされる。
KEGG DISEASE: タラロマイセス症 (genome.jp)より引用


 
詰まった単語
papular:丘疹の
cachectic:悪液質の(イマイチこの単語のイメージがつかないんですよねえ・・・)
umbilicated:臍状の、穴状の、くぼみの
yeastlike:酵母状の
intracellular:細胞内の
extracellular:細胞外の
septate:中隔のある、隔壁のある
hyphae:菌糸(hyphaとも)
fungus:真菌
dimorphic:二相性の(真菌類において、成長及び生殖に関して糸状菌酵母の両方の形状をとること)
disseminated:播種性の、散在性の
endemic:地方性の、風土病の

Strawberry Tongue in Streptococcal Pharyngitis

NEJMのImages in clinical medicineから。Strawberry Tongue in Streptococcal Pharyngitis | NEJM
ここまでのイチゴ舌は実際に見たことがなかったので勉強になりました。イチゴのように舌乳頭が見えるからなんですね(今さら)。
 
詰まった単語
rhinorrhea:鼻水
hoarseness:嗄声
tender:圧痛のある
papillae:乳頭
tonsil:扁桃
exudates:浸出液
conjunctival congestion:結膜充血
pharyngitis:咽頭炎
recurrence:再発、反復

Kartagener’s Syndrome

NEJMのImages in clinical medicineから。Kartagener’s Syndrome | NEJM
実際に診たことはあるが、その方は別な疾患で亡くなってしまった。確かに喘息様症状で困っていた。その方で胸部画像は撮ったことがなかったが、もし撮っていたらこの症例と同じような気管支拡張像が見えたのであろうか。単語についてもカルタゲナーくらいでしか使わないようなものもちょいちょいあり。
 
詰まった単語
rales:ラ音、水泡音
bronchiectasis:気管支拡張
dextrocardia:右胸心
maxillary sinus:上顎洞
abate:~を減ずる、和らげる
situs inversus:内臓逆位
ciliary dyskinesia:繊毛運動不全
triad:三徴
sinusitis:副鼻腔炎
infertility:不妊
multidisciplinary:多くの専門分野にわたる

2021.4.4

①②③徒然草方丈記伊勢物語 角川ソフィア文庫
④私の万葉集1 大岡信 講談社文芸文庫
⑤画文集ゆふ 加山又造 中公文庫
⑥逢魔物語 津島佑子 講談社文芸文庫
⑦読書の学 吉川幸次郎 筑摩選書

 

大岡信の「あなたに語る日本文学史」が面白い。あまりいわゆる"古典"といったものは手を出してこなかったが、その影響で①-④を購入。「古事記」が欲しかったが見つからず、amazonに頼ることにする。
⑤-⑦は高円寺の西部古書会館で。
⑥とか⑦みたいなものが興味を持って購入するも時機を逃して積読になるのである。今読んでいるやつを片付けて順に読んでいきましょう。
そのついでに以前「日本文壇史」の在庫を確認していたブックオフに行くも、在庫なし。というか、講談社文芸文庫の棚が縮小してしまっていた。思ったより見つからんのう。

2021.4.1

①日本文学全集の時代 田坂憲二 慶應義塾大学出版会

②あなたに語る日本文学史 大岡信 新書館

 

都心に出る用事があり、それまでの時間つぶしで寄った本屋で購入。

①文学全集についてマニアックに調べ上げた本。50-60年代の文学全集ブームについて、出版社別に記載している。配本順もその時代の趨勢や出版社の戦略が見え隠れしており面白い。古本屋でバラで売っているのをみるだけではわからない世界を感じることができた。

② ①と同じ棚に並んでいたものであり、著作集完成以後の本のようであった。何でという理由も特になく購入。