備忘録、的なもの

本との日常 購入日記その他

2022.5.9 緩和ケアのマニュアルといえば…

①緩和ケアポケットマニュアル 改訂2版 宇井睦人 南江堂
②ひととおりのことをやっても苦痛が緩和しない時に開く本 患者と家族にもっと届く緩和ケア 森田達也 医学書
③だから、もう眠らせてほしい 安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語 西智弘 晶文社
④INTENSIVIST Vol.14 No.2 生理学2 MEDSi
誤嚥性肺炎治療と予防の新常識 JMEDmook 日本医事新報社
⑥ヒカリ文集 松浦理英子 講談社
笙野頼子発禁小説集 笙野頼子 

 

①の改訂版が出たと知り、新刊本屋へ。マニュアル本のなかでは新しい方の本であるが、コンパクトでありながら使いたいものが簡潔にまとまっていて重宝していた。前版の内容はそのままに、皮下輸液の章を追加、巻末資料も思った以上に充実している。Further Readingのところで出ていた②③もついでに購入してしまった。
④いつだって生理学はとても大事ですよお。
⑥⑦サイン入り。わざわざ都心まで出た甲斐があった。